ちょっと人生の寄り道をしてくる。

高知の情報系大学生が世界一周の旅をする話

地方国立大学のすすめ

地方国立大学のすすめ

こんにちは!テリーです!!

今回は、大学生になりたい高校生向けの記事です。

著者のテリーは、普段は高知県公立大学に通っています。

学部は、工学部なので、一般的に世間が思い描いている大学生のユルいイメージからかけ離れています(笑)

地方にあまり良いイメージの人は少ないですよね(笑)

しかし、どんな土地や場所、組織にもメリットは存在します!

高知県公立大学に三年間通って、僕が気付いたことを語りたいと思います。


メリット

  1. 何もないからこそ、人生の楽しみ方に気づける。
      田舎である地方都市は、東京、大阪、名古屋みたい何であるわけではありません。ただ、Amazonサービスもありますし、これと言ってモノで困ることはありませんが、若者が遊ぶようなエンターテイメントやイベントが極端に少ないです。
     しかし、人間はそのような環境にいると、環境を変えるのではなく、自分自身を変えようとします。僕の場合は、高知という閉鎖的な環境が海外バックパッカーになるきっかけになりました。僕の先輩や知り合いは、youtuber、ブロガーになったり、起業したりと地方の若者は案外凄いです(笑)

  2. 実家暮らしだと、最強にコスパが良い。
     実家暮らしで県立大学に通っていると、1人暮らしと比べると恐ろしいほどお金を使いません(笑)
     これは好き嫌い別れるかもしれませんが、大学生活の貴重な時間をバイトで消耗して無駄になるよりは、はるかに良いと思います。
     時間を無駄にせず、自分を高めることにしっかりと時間を使えるので、別に一人暮らしじゃなくても良いやと思う人にはおススメです(笑)

  3. 誘惑が少ないので、勉強に集中できる。
     これは、デメリットにもなる諸刃の剣であるメリットでもあるのですが、基本的に都市部と比べて勉学を誘惑するものがないので、勉強に集中できます。
     普段から勉強をちゃんとする学生が多いので、地方国公立大学は大手企業への就職は案外簡単です。

  4. 都市部の人気の大学よりも入りやすい。
     都市部の大学よりもアクセスは悪いし、遊ぶところがない地方の大学は人気大学と比べて、偏差値が低いです。しかし、偏差値が低いだけで、大学の環境は良かったりすることは良くある話です。大学のブランド力は低いですが、結局個人の力で生きていくので、地方で個人の能力を伸ばして、社会に出た方が良い場合もあります。

デメリット

  1. 受け身だと、本当に何の刺激もない。
     地方は基本的にイベント等が少ないので、自分からアクションを起こさないと絶望的なほど何も起きません。勉強だけなら良いかもしれませんが、それだけで生きていけるほど人生甘くありません。自発的に行動できない人は、何でもパッケージ製品のようにサービスやイベントがある都市部の大学の方が断然良いと思います。
  2. 車かバイクがないと移動に困る。
     地方都市によりますが、東京や大阪ほど、公共交通機関が発達している所は少ないです。僕が住んでいる高知では、車がないとかなり行動範囲が狭くなります。バイクでも普通の天候のときは大丈夫ですが、雨の日や冬はかなりキツイ思いをします。
 

 

 



テリーのざっくり経歴

 僕のざっくり経歴

  • 幼少時代
    ・1996年9月12日に高知県高知市で誕生。

    ・2人兄弟の兄、父と母の4人家族で育つ。

    高知市内の南町保育園に通う。

    ・水泳とくもんに通う。

    ・くもんのおかげで今でも数学だけ得意。数学だけ...

    ・保育園時代は身長と体重がかなり大きかった模様。

  • 小学生時代
    高知市内の高知市立新堀小学校に通う。

    ・タイムマシンがあるなら、一番戻りたい時代。

    ・初めてゲームボーイを買ってもらい、中学生ぐらいまでずっとゲームにハマる。

    ・水泳とくもんを小学5年生ぐらいまで続ける。

    ・小6でだいたい170cm。(21歳時点で173㎝(笑))

  • 中学生時代
    ・地元の中学校に進学せず、別の高知市内にある高知中学校に通う。

    ・友達が多いからという適当な理由でテニス部に入部。

    ・1年ちょっとテニスをするが、テニスが嫌になり、柔道部に転部。

    ・強豪の柔道部に入り、部活に毎日明け暮れる。

    ・柔道の練習で鎖骨を4回骨折するが、中3年の柔道の試合では県内の81キロ級で3番になるぐらいまで成長。

    奥の一番右側が僕です(笑)

  • 高校生時代
    中高一貫校の学校に通っていたので、そのまま系列の高知高校に入学。

    ・ひたすら柔道に打ち込む。

    ・高校1年生の冬の全国大会予選で初めて81キロ級で準優勝する。

    ・この時期が人生で一番筋肉があり、学年で一番腕相撲が強かった。

    ・柔道ばかりしてると将来ヤバくない?と高校2年生ぐらいで思い始め、そこから勉強も頑張りはじめる。

    ・高校2年生の秋、片思いの人に盛大にフラれ、しばらく病み期に入る。

    ・病み期のまま、全国大会予選に突入し、団体の準決勝で初めて反則負けをしてさらに病み期が長くなる。

    ・色々あったが、高校時代の柔道の成績は81キロ級で県内2位、団体で全国大会へ行くぐらいは成長した。

    ・柔道で少しは結果を出しながら、地元の公立大である高知工科大学情報学群に無事合格。


    左から2番目のメガネ野郎が僕。
    強そうにしているが、インフルエンザにかかって弱ってる状態の時です(笑)

  • 大学生時代(1年生)
    高知県立大学法人高知工科大学情報学群に2015年4月に入学。

    ・情報学群に入学したことで、1年生の時から毎日勉強漬け。

    ・柔道サークルだけに入り、趣味程度に柔道は継続することに。

    ・人生で初めてよさこい祭りに挑戦。

    ・先輩が少なかったので、10月ぐらいに柔道サークルの部長になる。

    ・柔道と勉強の毎日。

    ・行ったことがない海外へ行きたくなったので、バックパッカーとして東ヨーロッパ(チェコ、スロヴァキア、ポーランド)へ三週間の一人旅を挑戦。

    よさこい祭りの時の写真です(笑)

  • 大学生時代(2年生)
    ・大学2年生になり、勉強がさらに忙しくなる。

    ・勉強は比較的真面目にしていたので、学年で成績が3番になる。

    ・大学2年生になっても相変わらず彼女ができない(笑)

    ・夏休みに東南アジア(タイ、カンボジアベトナム)一人旅に5週間ほど出る。

    ・成績優秀者として大学で表彰される。

    ・冬休みにヒッチハイクをしたかったので、高知・鹿児島ヒッチハイク旅に挑戦。

    ・やっと成人する。

    ・春休みに友達に言いくるめられ、フルマラソンに挑戦し、無事完走。

    ・フルマラソンを走った3日後に、スペイン、ポルトガル、モロッコ一人旅に5週間ほど出る。

    ・モロッコで初めて海外でのヒッチハイクを経験。

    タイ・バンコクのカオサンロードでの写真。
    次の年に東京で3人とも奇跡的な再開を果たす(笑)

  • 大学生時代(3年生)
    ・大学3年生になり、テスト勉強以外にもシステム開発、実験、研究室活動でさらに忙しさがピークになる。

    ・夏休みに富士通本社のシステムエンジニアの長期インターンシップに行く。

    ・京都へヒッチハイク旅に出る。

    ・成績優秀者としてまた大学で表彰される(笑)

    ・友達とRaspberry PiRuby on Railsを組み合わせたWebマッチングアプリを作る。

    高知県の大学生を集めて、夢を語り合う企画を企画。

    ・悩みに悩みまくり、学部4年で休学して世界一周の旅に出ることを決意。←今ここ

    東京・渋谷にてタイ・バンコクで出会った大学生と奇跡的に再会(笑)

  • 大学生時代(休学時代)
    ???

  • 大学生時代(4年生)
    ???

疎遠になった友達へ会いに行く。

こんにちは!

 

テリーです!!

 

今年の3月に世界一周の旅を控えた僕は、ふと思いました。

 

もしかしたら、旅で死ぬんじゃね?(笑)

 

そう、世界一周の旅には危険が付き物です。

 

というのも今までのバックパッカー旅で僕はリアルに死にかけた経験があります。

 

 

今まで21年間生きてきて、色々な経験をしてきましたが、海外でのトラブルは洒落にならないぐらい危険でした。

 

数々のトラブルを運良く切り抜けてきましたが、こんなことを繰り返えせば確実にどっかで死にます(笑)

 

ということで世界一周の旅出発までに、できる限り知り合いに会っとこうかな思いました。

 

そこで、LINEやSNSで知り合いを見てみると、大量にいる友達のほとんど疎遠になっている状況に気が付きました。

 

小学校時代の友達。

 

高校時代に柔道の試合を繰り広げた他の高校のライバル。

 

同じクラスでほとんどしゃべれなかった女の子とかも(笑)

 

どうせなら、地元の高知にいる疎遠になってる知り合い全員に会おうという完全に自己満足の企画を思いつきました(笑)

 

微妙な距離感の人と距離を短縮をするチャンスです!

 

大学のタスクと世界一周の旅の準備で正直過労で死にそうですが、可能な限り知り合いに会いに行こうと思います!

 

また、この企画の結果を上げたいと思います。

 

では、また!! 

 

 

 

 

 

 

 

世界一周の出発日決定!

こんにちは!

 

テリーです!!

 

やっと世界一周の出発日と記念すべき1か国目が決定しました!!

f:id:gakuenyuki0912:20180111015228p:plain

 

高知出発日

2018年3月8日

高知空港→東京・羽田空港

 

日本出発日

2018年3月9日

東京・成田空港→タイ・ドンムアン空港

 

世界一周の1カ国目はタイです!

 

タイでしっかりと予防接種しながら、東南アジアの環境に体を慣らしてからガンガン旅したいと思います(笑)

 

では!!

情報系大学生テリーの旅歴

こんにちは!

 

今後、世界一周の旅に行く予定のテリーです!!

 

今回は、「旅に出たい!」、「自分を変えたい」という人たちの背中を押せるように、僕が挑戦してきた旅歴をざっくりと紹介していきます。

 

きっかけ

 僕が旅を始めたきっかけは、1冊の本です。

それは、詩歩さんの「死ぬまでに行きたい世界の絶景」という写真集。

初めて見た時、小さい頃から習い事や塾、部活でほとんど友達と遊ぶ時間もなく、

さらに自分のやりたいことを考える時間のないまま人生を過ごす毎日...

毎日に充実感がなく、友達と飲み会、カラオケ、サークルに行っても楽しいけど、何とも言えない虚無感みたいな感情を毎回抱いてました。

そんな大学生活が続いていたとき、詩歩さんの「死ぬまでに行きたい世界の絶景」をたまたま見る機会があり、本に載っている世界の絶景が平凡な毎日に嫌気がさしている僕に「日本から出てみたい」という強烈な思いを呼び出してくれました。

東欧一人旅

最初は友達と夏休みに台湾へ行く予定だったのですが、誰も旅行の手配をせず、結局その話が流れてしました。

そのことがきっかけで、僕は他人に依存したままだと、いつ海外へ行けるかわからないと悟り、チェコ行きの航空券とポーランドから日本へ帰ってくる航空券だけを買って、無計画な1人旅に出ました。

  • チェコ
    初めて訪れた外国チェコ
    日本とは全く違う景色、言葉、文化。
    チェコの自販機の使い方もわからないレベルの僕にとって、人生で経験したことのないほど、衝撃を感じました。
    さらに、ヨーロッパの中でも中世の雰囲気をトップクラスで残しているチェコは、まるで絵本のような世界でした。

https://www.instagram.com/p/BCktS46gxCj/

プラハの街並み

https://www.instagram.com/p/BCnOpMxgxMd/

プラハのカレル橋

https://www.instagram.com/p/BCqQQHcAxHe/

夜のチェコの日常

https://www.instagram.com/p/BCsqHqBgxPy/

眠れる森の美女チェスキー・クルムロフ

  • スロヴァキア
    初めての陸路での国境越え。
    EU内だったので、国境審査がなく、難なく入国。
    スロヴァキアの印象は、チェコと違ってかなり田舎。
    温かいスロヴァキア人に何度も助けられ、凄い好きな国になりました。

f:id:gakuenyuki0912:20171231022659j:plain

ブラチスラヴァ

https://www.instagram.com/p/BC8PaXRgxOA/

クラクフ

https://www.instagram.com/p/BDBTjnaAxDW/

アウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所

https://www.instagram.com/p/BDIu1huAxJd/

ワルシャワ軍事博物館

 

東南アジア一人旅
東欧旅を終えて、旅の面白さを知った僕は、夏休みに多くの旅人を沈没させる東南アジアに旅に出ました。
正直、行く直前まで本当に楽しいのか、汚いし、危険なだけなのかという負のイメージを持ってましたが、僕の旅史上、最高に濃くて、エキサイティングな旅になりました。

  • タイ
    東南アジア一人旅の最初の国。
    空港から降りると、生暖かい空気、強い日差し、独特の匂いでタイに来たことを実感。
    初のぼったくりを連続で受け、バンコク2日目で所持していた現金が10バーツ(30円)ほどに(他のお金はATMにある)。
    ぼったくり、死体博物館、陸路の国境越え、夜のgo go bar、初のクラブ、初の逆ナンパ、旅人との出会いなど衝撃的な出来事の連続でした。


バンコクの王宮

スネークファーム

カオサンロードで売ってたサソリ

  • カンボジア
    タイから陸路で入国したリアルな発展途上国カンボジア
    物乞いと地雷の数が半端ない。
    壮大な自然と古代遺跡の裏にあるカンボジアの闇を痛いほど考えらされる旅でした。
    しかし、成り行きでカンボジアの小学校で授業したときに、子供たちの純粋さにこの国の未来はまだ明るいと感じました。
    ちなみ、カンボジア滞在最終日に、コレラに感染し、本当に死にかけるという僕の人生史上最大の恐怖体験を経験(笑)

   https://www.instagram.com/p/BJrrcEfjEFE/アンコール・ワット 
アンコール・トム

 

 遺跡の中

 

 カンボジアのトイレ

 

 道路で出没する牛

 f:id:gakuenyuki0912:20171231134431j:plain

 カンボジアの小学生

 

 キリングフィールド

https://www.instagram.com/p/BKN9K92DDe_/

五行山https://www.instagram.com/p/BKVKJwnjV25/フエの遺跡https://www.instagram.com/p/BKgVflojwh4/ハロン湾

 

 

南欧&モロッコ一人旅

最初の旅から1年後の大学2年生の春休み、再び旅に行きたい衝動にかられ、南ヨーロッパ北アフリカにあるモロッコへ。

情熱の国スペイン、哀愁のポルトガル、アラビアンなモロッコ

優雅な南ヨーロッパからの世界三大ウザイ国の1つであるモロッコは結構疲れました(笑)

  • スペイン
    この旅で最初の国でバルセロナから入国。
    スペインは広いので、バルセロナビルバオマドリッドだけに絞って旅をしました。
    スペイン人は本当にフレンドリーな人が多く、色んな人が僕に話しかけてくれたり、助けてくれたりしてくれました
    ヨーロッパの中の国民性では、一番好きかも。

https://www.instagram.com/p/BQ80SW7DImN/

サクラダファミリア

https://www.instagram.com/p/BRBD5v2jc84/

ベルメオの漁港

https://www.instagram.com/p/BRBhJZWD5Oy/

ビルバオ

https://www.instagram.com/p/BREDd7yDE5o/

ベレンの塔

https://www.instagram.com/p/BRHApiPB8UP/

7月24日通り

https://www.instagram.com/p/BRLIXHEj2vZ/

世界一人気のリスボン水族館

https://www.instagram.com/p/BRL5IDtjMzR/

リスボンの街角

https://www.instagram.com/p/BROjf2fjneR/

ポルトの町並み

  • ロッコ
    この旅のメインの国。
    スペインのタリファからフェリーを使って、初海路でモロッコのタンジェに入国。
    世界3大ウザイ国と名高いモロッコの洗礼を毎日のように受け、スパイス料理とモロッコの悪人、寒暖差の激しい気候により、一時的なノイローゼになる。←トドラ渓谷の高知県出身のオーナーのりこさんが日本宿で、絶品日本料理を食べることで無事回復。(※高知の自宅の近所のお好み焼き屋でのりこさんと再開するという不思議な出来事がありました(笑))
    ロッコの自然、世界遺産、人はどれも個性的で、僕の感情が喜怒哀楽に爆発するという不思議な国でした。

https://www.instagram.com/p/BRdzdyZDEO_/

青い町シャウエン

https://www.instagram.com/p/BRgjeDLjFsA/

迷宮都市フェズ

https://www.instagram.com/p/BRzKrRQD3gT/

サハラ砂漠

https://www.instagram.com/p/BR1j8l6DAK7/

トドラ渓谷

https://www.instagram.com/p/BR_BvzMDMZM/

エッサウィラ

https://www.instagram.com/p/BSBqs6UD76A/

モロッコの街角

https://www.instagram.com/p/BSG0VV-jMcs/

首都ラバト

日本ヒッチハイク
海外ばかり行ってる僕ですが、日本も大好きなので国内も旅しました。

海外へ行ったからこそ、日本の良さもわかるので。

  • 高知←→鹿児島(屋久島)
    大学2年の冬休み、やったことがなかったヒッチハイクをしたくて、高知と鹿児島間をヒッチハイクに挑戦。
    中学校の先生、同い年ぐらいのカップル、元ヤクザのトラック運転手、若いころバックパッカーしてたおばさんたち、パラグアイで10年働いていた米軍基地に仕事へ行く途中の建築士の人、サッカー大好き夫婦などなど、計20台ほどヒッチハイク
    鹿児島に着いてからは、船で屋久島に行き、1週間ほどゆっくりと登山をしながら過ごしました。

https://www.instagram.com/p/BOZRNoZjOJ9/

鹿児島市内

https://www.instagram.com/p/BOhHRIDDEba/

桜島

https://www.instagram.com/p/BOmVEHnju_4/

屋久島の杉の中

  • 高知→京都
    大学3年の夏休み、大手のIT企業の長期のインターシップを終えた僕は、別のインターシップで京都へ行っている友達に会いに行くためにヒッチハイクで京都へ。
    今回のヒッチハイクは研究室の用事があったため、行きだけだったが、3台で高知から京都へ行くことできました。
    中国で働いているシステムエンジニアの人、旅行に行ってるカップル、高知の企業の社長さんに乗せてもらい、濃い移動時間を過ごすことができました。

https://www.instagram.com/p/BZAjn3hjmSo/

ヒッチハイクで乗せてもらったカップルと僕!

https://www.instagram.com/p/BZBftl4jMr6/

ヒッチハイクで無事に友達と合流

https://www.instagram.com/p/BZEHK77jy3W/

嵐山

https://www.instagram.com/p/BZL21v-BTlp/

貴船神社

自己紹介!!

自己紹介

こんにちは!

 

僕はテリーです!!

 

このブログはテリーが世界一周を達成するまでの出来事を発信するために運営していこうと思ってます。

 

簡単に僕の自己紹介をしたいと思います!     

  • 名前
    テリー
    f:id:gakuenyuki0912:20171227232325j:plain

  • 出身
    日本の中でも陸の孤島と呼ばれる高知県出身!
    ネイティブの土佐弁と大学で培った関西弁と標準語が混ざった不思議な言語を使いこなす(笑)
    ちなみに英語は苦手で数学が得意!(笑)

  • 大学
    高知の公立大学情報工学(ITとコンピュータサイエンス)を専門にしている大学生!←ゴリゴリの工学部なので華やかさは0(笑)
    華やかな大学生のイメージとは、真逆で実験、レポート、課題、テストに追われる毎日(泣)

  • 年齢
    大学3年生の21歳!
    年齢よりも年上によく間違われる(笑)

  • 好きなこと
    柔道(2段)、筋トレ(ベンチプレス120キロ上げていた時期もあり)、1人旅、お喋り

  • スキル
    情報系の技術(専門はクラウドコンピューティング)、プログラミング(C言語RubyJavaアセンブラ言語、SQL)、柔道(得意技は肩車、隅返し)など
  • 現状
    大学1年生のときの春休みに、初海外(東ヨーロッパ)を3週間ノープランで1人旅をしたことがきっかけで、1人旅が趣味に!(笑)
    大学生3年までの間に海外9カ国を旅するようになったことがきっかけで、幸か不幸かわからないが世界一周したいという気持ちが猛烈に強くなる(笑)

    田舎の大学ということもあり、特に遊ぶこともないので大学の勉強はそこそこ頑張り、超大手のIT企業のシステムエンジニアの長期インターシップをしたりしながら就活みたいなことをするが、今の人生に疑問を感じ、今一番したいことである世界一周を達成するために学部4年で休学を決意。

 

こんな感じのバックグランドを持ってるテリーは、2018年3月頃~2019年1月頃まで世界一周をする予定です!

準備等や旅行記をこれからあげていくので、温かい目で見守ってください!!